勉強する女の人

学費免除を活用して大学へ進学|幼稚園教諭や保育士を目指す進路

職場環境を守る役割

スーツの男女

世の中にはたくさんの資格があり、住宅を取り扱う資格や会計業に携わる資格、企業の法務活動に関わる資格など多種多様な資格が存在しており、中には会社の業務で絶対に必要となる資格もあります。資格をたくさん持っていれば新卒での就職活動や、社会に出てからの転職活動において役立つ機会が多くあります。数ある資格の中でも派手さは無いが確実なアピールとなる資格があり、それが衛生管理者という国家資格なのです。この衛生管理者という国家資格ですが、受験するためには実務経験が必須となっておりまさにビジネスパーソンに適した資格だといえます。既に就業している人の中には上司や会社の指示で受験をすることになった人も多くいることでしょう。
この資格を持っているだけで手当てを出してくれる企業も多いほど役立つ資格なのですが、ほとんどの人は詳しく知らないことが多いです。知らない人が多いからこそ取得しておいて損はないといえます。衛生管理者は国に定められた資格で、働く人の労働災害や健康障害を未然に防ぐために50人以上の従業員がいる事業所では労働衛生コンサルタントや医師などの資格を持っている人の中から最低1人以上の衛生管理者を在籍させることが義務となっています。主な職務内容は、働く人の健康管理や労働衛生教育の実施、作業環境の整備や健康保持増進措置などが挙げられます。最近では過酷な労働が問題となる会社も増えてきましたので、そのような社会問題を解決するために衛生管理者は必要なのです。