女性

学費免除を活用して大学へ進学|幼稚園教諭や保育士を目指す進路

保育士に必要な資格

男性

共働きの家庭が増えてきている中で保育士という人材は非常に重要な存在となりつつあります。保育士の資格を取得するためには大学や短期大学、専門学校などに通う方法と、国家試験を受ける方法に分かれています。

もっと読む

子供好きを活かせる仕事

幼稚園教諭

幼稚園教諭は1つの資格だと考えている人も多いですが、実は卒業した学校によって3つの区部に分けられています。大学院卒が専修で、大学卒が1種、そして短期大学卒が2種となっています。

もっと読む

学費を安く抑える方法

婦人

幼稚園教諭と聞くと公務員の職種なので、資格を取るためには多額の学費が必要だと考えている人も多いです。ですが、実際はそのようなことはなくしっかり情報収集をすれば約30万円近く安い学費で幼稚園教諭を目指せる大学に進学することは可能なのです。幼稚園教諭の資格には3つの種類があり、大学院も含めて6年間必要な専修の資格や大学に4年間通って取得する1種の資格、そして最も安い学費で取得することができるのが短期大学に通って取得する2種の資格です。短期大学はこの3つの中で最も学費が安い取得方法ですが、学校独自の学費分納制度や奨学金を活用することで更に経済的負担を軽減させることが可能です。
平均的な短期大学の学費は2年間で250万円前後となっていますが、上記のような制度を活用すれば220万円ほどまで抑えることができるのです。奨学金を受けるためには特待生AO入試が効果的です。学業と人物が優秀な学生に支援される制度で上手く活用すれば最大2年間で140万円近くの学費免除受けることができるでしょう。また、1度社会に出てから幼稚園教諭を志す人にも利用できる奨学金もあり、こちらは入学金から30万円近くの学費免除を受けることが可能です。このような学費の制度というのはなかなか知りにくい情報となっています。なぜなら学校側が大々的に発表をあまり行なわないからでしょう。幼稚園教諭を目指す場合は資料請求などを行なって学費免除について調べてみることが大事です。このように情報収集を的確に行なうことで幼稚園教諭の資格を安い学費で取得できるチャンスが広がるのです。学費の面がネックとなって待っている人は是非活用すると良いでしょう。

職場環境を守る役割

スーツの男女

仕事をするうえで必要な資格はたくさんありますが、その中でも衛生管理者は職場の環境を守るために必要不可欠な資格です。ですが、この資格について知らない人も多いのでねらい目だといえるでしょう。

もっと読む